HDD

PCの故障も諦めない

パソコンが壊れてハードディスクにアクセスできなくなっても、中に残されたデータを諦める必要はありません。データ復旧サービスを利用すれば、重要なデータも取り戻せるからです。小型の記憶メディアにも対応しているので相談してみましょう。

法人からも大人気

修理

多彩なトラブルに対応

アクセス不能になったファイルを再び利用できるようにしてくれるため、データ復旧の専門会社は法人からも人気を博しています。とくに業務ではRAIDを構築する企業も多い訳ですが、データ復旧の専門会社はRAID環境が崩壊した状態でも対応してくれるので、法人関連の需要が高いのです。またハードディスク自体が故障、あるいは寿命を迎えて使用不能になった状況でも、データを取り出してくれる点がこの業者の強みになっています。例えばパソコンの内蔵ハードディスクが壊れた場合、製造メーカーなどに依頼すれば修理はしてくれますが、ハードディスクは交換修理が原則です。つまり修理が完了して納品されても、もうそのパソコンには保存されていたファイルが存在していません。企業にとって大切なデータが入っていたら絶望的な結果ですが、データ復旧の専門会社なら、そんな壊れたハードディスクからでもファイルを抽出してくれるのです。さらにデータ復旧の専門会社は、業務中に操作ミスで消してしまったファイルも救出してくれるので人気があります。誤消去後に書き込み操作を一切行わず、直ぐにデータ復旧の専門会社へ依頼すれば、極めて高い確率でサルベージしてくれるのです。そのほか、夜間業務中のトラブルに対応してもらえることから、24時間体制のデータ復旧会社も選ばれることが多くなっています。いずれの場合も電話をすれば応急処置の方法などもアドバイスしてくれるため、ファイルが消えて困った時は、データ復旧の専門会社に連絡するのが上策です。

PC

パソコン内の資産救出

パソコンは様々な要因で動作不良を起こします。それが致命的は故障でハードディスクにアクセスできなくなった場合その中のデータは引き出せなくなります。そんな困った時に頼りになるのがデータ復旧サービスを専門で行う企業の存在です。

修理

大事なファイルが元通り

より多くのファイルを修復するためには、ある程度の日数をかけてデータ復旧の作業を行ってもらう必要があります。業者によってハードディスクの送料にも違いがありますから、サービス内容をよく調べてから依頼する事を推奨します。

ハードディスク

多くの企業に利用されている

データ復旧サービスを利用している企業が増えています。業務に支障が出るということもあり、企業においては欠かせない存在です。迅速に復旧してくれるサービスが大半なので業務負担を軽減化させていくことが出来ます。

PC

確実に取り戻すなら

データの復旧業者を選ぶときには、まずは対応するパーツや端末で候補を絞って、次は復旧率を見て決定しましょう。現在では、訪問サービスを行う業者もあるため、データが大切なら、早めに仕事の依頼をおすすめします。