PCの故障も諦めない

HDD

プロに依頼して取り戻す

パソコンで使われているハードディスクは、駆動部の多い精密機器であることから寿命は5年程度と言われています。使用状況によってはそれよりも早く壊れてしまうことも多く、パソコンパーツの中でもデリケートな部類に入ると言えるでしょう。忘れてはならないのが、パソコンで扱うデータというものは全てハードディスク内に保存されているということです。万が一壊れるとそれらのデータも読み出せなくなり、人によってはかなりの被害にあうことになります。このようなトラブル時に頼りになるのが、データ復旧のサービスです。壊れた記録メディアから残されたデータを取り出してくれるこのサービスは、パソコンを業務で使うことが多い企業から多く利用されています。写真や動画ファイルも取り戻せるため、個人のユーザーからも人気です。デジタル機器が暮らしに浸透した昨今では、無くてはならない重要なサービスと言えるでしょう。対象となっている記憶媒体は、パソコンに内蔵されているハードディスクや、外付けで使われることの多いフロッピーディスク、さらには大容量の保存が可能な光メディアのMOなどがあります。デジカメやスマートフォンで使われている、切手サイズのSDカードやコンパクトフラッシュも業者によっては復旧依頼に応じてくれます。利用する際には、壊れた記憶媒体の種類やその時の状況などを伝えて、見積もりを取ります。その上で納得できた場合には記憶媒体を業者へ配送し、復旧作業が完了するのを待つという流れになります。データ復旧の作業には時間がかかるので、壊れたときにはできるだけ早く依頼し、納期も長めに想定しておくと良いでしょう。